ドッグフード

モグワンとカナガンの違いを比較!おすすめはコッチ!

投稿日:2017年6月7日 更新日:

高品質のドッグフードを探していると目にするモグワンとカナガン。

どちらも同じメーカーから販売されているのですが、どのような違いがあるのか比較してみましょう。

最終的にどちらがおすすめなのかを提案しますのでご覧下さい。

モグワンとカナガンの原材料の違いを比較

モグワンとガナガンの原材料の違いについてですが、モグワンはチキンとサーモンを53%以上配合しており、トマトなどの野菜とバナナやリンゴなどフルーツを加えることでヘルシーなレシピとなっています。

 

一方のカナガンは約51%のチキンを配合しており、サツマイモや海藻など消化がよく胃腸に負担をかけないフードとなっています。

 

モグワンの注目原材料

【チキン】
イギリス産の平飼いチキンの新鮮な生肉を使用。チキンは脂質が低い上に上質なタンパク源となっており、愛犬の健康的なカラダづくりをサポートしてくれます。

セレンやビタミン類も豊富となっていますよ。

 

【サーモン】
良質なサーモンの産地として知られているスコットランド産のサーモンを使用。還元作用の高いアスタキサンチンや健康を維持するDHA、スムーズなリズムを維持するEPAも含まれています。

 

【サツマイモ】
ビタミンAやビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用に優れています。また可溶性繊維に富い、ゆっくり安定的にエネルギーが燃焼される低血糖値の状態を保ちます。

低血糖値の食事は腹持ちがいいので食事量のコントロールにも期待できますよ。

 

【ココナッツオイル】
吸収分解が早い中鎖脂肪酸はすばやくエネルギーに代わり、ラウリン酸によるリフレッシュ作用も期待できます。

カナガンの注目原材料

【チキン】

【サツマイモ】

【海藻】
栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、愛犬の健康を維持します。

ヨウ素が健康的なカラダを守り、安定したカラダのコンディションを保ちますし、海苔に含まれるオメガ3脂肪酸は輝くように美しく健康的なカラダを目指すことができます。

 

※カナガンにもチキンとサツマイモが含まれており、モグワンと同様注目の原材料となっていますが、重複するので割愛させていただいています。

 

原材料に目を向けてみるとモグワンの方が肉や魚、野菜にフルーツなどバリエーションが豊富な印象があり、嗜好性がわずかに高いかなという印象があります。

一方のカナガンはバランスよく原材料が使用されているのでいろんなワンちゃんに対して与えることができる印象があります。

 

ただ、どちらのフードも食い付きが良くなるようにチキンなどの高タンパク質を確保することができますし、全犬種の全ライフステージ(モグワンは生後4ヶ月以上から)のワンちゃんが食べられる仕様になっているので、原材料や成分で違いを決めるのはそこまで重要なポイントではないかなと思いますよ。

 

強いて言うならば、モグワンの方が嗜好性が高いのでワンちゃんは嬉しい気持ちになるでしょう。

 

一方のカナガンは、いろんなワンちゃんに適したフードとなっているので、偏食気味のワンちゃんにはより向いているフードと言えそうです。

 

品質や安全性に関してはどちらも優れているというのが以前書いた比較記事でもお分かりいただけると思いますので、原材料や成分、栄養素でどちらがいいかを決めるのはよっぽどこだわりがなければ必要ありません。

 

ですので、別の視点からどちらがいいかを考えてみましょう。

【関連記事】
レティシアンのドッグフード4つに共通する特徴と違いを比較!

 

コスパの違いを比較

栄養素や安全性、嗜好性などで判断がつかないのならコスパで選ぶというのも一つの判断基準として必要になるかもしれません。

それぞれの通常価格を見てみるとモグワンもカナガンもどちらも3,960円(税別)となっています。

 

ということはコスパに関しても差はないのかなと思いがちですが、実はモグワンは1袋の容量が1.8kgとなっており、カナガンは2.0kgとなっているのですね。

ですので、パッと見のコスパで言えばカナガンの方がお得という様に思えます。

 

けれども、実はそうでもないのですよ。

どういうことかというと、ドッグフードはフードによって与える給与量は違ってくるからです。

 

モグワンとカナガンを比較してみてみると、モグワンの1日の給与量は5kg(成犬)で約100gとなっているのですがカナガンは5kg(成犬)で約120gとなっています。

つまり与える量はカナガンの方が多いのですね。

 

1袋を食べきるまでの目安を簡単に計算するとモグワンは1袋で18日分となるのですが、カナガンは1袋で約16日分の量になるので、若干ではありますがモグワンの方がコスパはいいということになります。

もちろん、愛犬の食べる量によって違いはありますし、体調によって変化もするものですが、成長していき体重が変化していく中でだんだんと食べる量が増えてくるとなると少しでもコスパがいい方がお財布には優しいはずです。

 

詳しい給与量に関してはそれぞれの公式サイトで確認した方がわかりやすいと思いますので参考までにご覧になってくださいね。

 

>>モグワンドッグフード公式サイトはコチラ

 

>>カナガンドッグフード公式サイトはコチラ

 

おすすめはコッチ!

モグワンとカナガンの違いについて見てきましたが、どちらも優れたドッグフードですのでどちらを選んでも失敗は少ないと言えるでしょう。

ただ、どちらかおすすめの方を選べと言われたらモグワンドッグフードをおすすめします。

 

その理由はモグワンの方が開発者たちのこだわりが強いからです。

 

公式サイトを見ていただければ伝わりますが、モグワンドッグフードにかけたこだわりがいろんなところから感じられます。

現時点ではカナガンの売上が高く人気ナンバーワンとなっているようですが、これから良いドッグフードを探しているというのならモグワンの方が幸せになれるのではないかと思いますよ。

 

その理由の一つがモグワンの方が嗜好性が高いという点。

どちらも質の高い原材料を使用していますが、嗜好性が高いのはモグワンでしょう。

 

嗜好性が高いということはフードを食べてくれるということ、フードを食べてくれるということは栄養をしっかりと確保してくれるということ、栄養が確保できるということは健康に過ごせるということですから、しっかり食べれくれるフードを選ぶべきではないかと思います。

無理にフードの切り替えを行うのはワンちゃんにとってストレスになってしまいますが、良いフードに出会いたいなら切り替える価値のあるフードだと言えるでしょう。

 

いろんな原材料が含まれていてまるで手作りしたような美味しさや安心感をドライフードで食べられるのはワンちゃんも喜んでくれると思いますよ。

もし、モグワンとカナガンのどちらかのフードで悩んでいるのなら参考にしてみてください。

 

>>モグワンドッグフードの詳細はコチラ

 

-ドッグフード
-, ,

執筆者:

関連記事

ドッグフードは人間も食べれるくらいおいしいのか?

飼い主はドッグフードを真剣に選びますが、中には実際に自分が食べてみて判断するなって人もいるみたいですね。 そこまでする必要はあるのかとも思いますが、そもそもドッグフードは人間が食べることができるのでし …

ドッグフードで愛犬の偏食を解決したい人必見!まずは原因分析から!

愛犬の偏食に悩んでいる飼い主さんは多いですが、いろいろ調べていくうちに一番の解決策はやっぱりドッグフードだということにたどり着くと思います。 そこで、ドッグフードで愛犬の偏食を解決するために知っておき …

シニア犬用ドッグフード『ピッコロ』で愛犬の長生きをサポート!

人間と同じように犬も歳をとりますが、犬は7歳を超えたら一般的にはシニア犬と呼ばれます。 かわいい子犬だった愛犬もいつの間にかおじいちゃん、おばあちゃんになっていて食事を取るのも気を遣うようになっている …

カナガンドッグフードの悪評を真剣に考えて見えてきた事とは?

カナガンドッグフードは通販限定として先駆け的な存在で、高い評価をされている人気ドッグフードです。 カナガンの存在を知り調べてみたら悪評などよくない口コミ評価も目にしますよね。 口コミ評価で最終的にドッ …

ナチュロルドッグフードは健康寿命を気にする飼い主におすすめ!

ナチュロルは健康寿命を気にしている飼い主さんにおすすめできるドッグフードとなっています。 20歳になるまで長く愛犬と過ごしていきたいと考えている飼い主さんも多いと思いますので、シニア犬になっても健康的 …