ドッグフードに悩んだら…愛犬も安心安全の知識を身に付けよう!

ドッグフード選びに悩んでいる飼い主さんに愛犬に安心安全に与えられるドッグフードやサプリメントを紹介!愛犬の健康を守って長生きさせていきましょう。

ドッグフード

ドッグフードで愛犬の偏食を解決したい人必見!まずは原因分析から!

投稿日:

愛犬の偏食に悩んでいる飼い主さんは多いですが、いろいろ調べていくうちに一番の解決策はやっぱりドッグフードだということにたどり着くと思います。

そこで、ドッグフードで愛犬の偏食を解決するために知っておきたいことについて知ってみましょう。

大切なのはなぜ偏食になってしまうのかということですよ。

愛犬が偏食になってしまった原因は?

いつからか愛犬の偏食が激しくなってきて、ドッグフードを与えてもなかなか食べてくれないと悩んでいる飼い主さんは多いです。

食事は健康維持には欠かせないものですので、大きな悩みの一つだと思います。

 

ですが、ある程度の期間はかかりますが偏食は解決できるので安心してください。

愛犬の偏食を解決するためにはなぜそうなってしまったかを考える必要があります。

 

偏食の場合、主に考えられるは以下の2つでしょう。

愛犬が偏食になる原因その1…おやつの与えすぎ

愛犬が偏食になる一番の原因が『おやつの与えすぎ』だとされています。

おやつはご存知のとおり嗜好性の強い食べ物になるので、ワンちゃんにとっては嬉しい半面、栄養に関しては期待できません。

人間でもお菓子だけ食べてご飯やお肉、野菜を食べないと栄養が偏ってしまうようにワンちゃんにも同じことが言えるのですね。

 

おやつをあげること自体は悪いことではありませんが、与えすぎるのはやはり良くなく、しつけをしてトレーニングのご褒美としてあげるようにしましょう。

愛犬がおやつをおやつとして認識しなくなったら要注意です。

 

ちなみに、ワンちゃんは飼い主のことをよく観察しています。

ですので、人間が食べているものをそのまま与えてしまうと飼い主と同じものを食べているという満足感からドッグフードを食べなくなってしまう可能性も考えられますよ。

 

人間が上、自分は下という上下関係をはっきりさせることが大切です。

 

愛犬が偏食になる原因その2…ドッグフードの切り替えすぎ

愛犬が偏食になる原因としてもう一つ考えられるのは『ドッグフードを切り替えが多い』ことです。

ドッグフードの切り替えは負担が大きいものだということは以前このブログでも説明しました。

ドッグフードの切り替え方と下痢や軟便の症状が出た時の対処法

 

いいドッグフードを見つけることは大切ですが、フードの切り替えを行うときはしっかりと時間をかけて経過を見守ることが大切です。

偏食になって愛犬がフードを食べない場合、ときには1日フードを与えないという手段をとることも必要になるかもしれません。

お腹が空けば自然とフードを食べるようになるので、単純にフードを切り替えるのではなく、様子を見ながら環境を変えてみるのもいいですよ。

 

ちなみに、偏食の場合、フードを食べてくれないということになりますが、極まれに体調が悪いことが原因で食べないこともありますので、様子がおかしいと感じたら獣医さんに診てもらうことをおすすめします。

 

ドッグフードで偏食を解決するために

ドッグフードで偏食を解決したいのなら、ドッグフードの質を高めることが一番簡単な解決策と言えるでしょう。

基本的にドライフードを与えていると思いますが、このドライフードの嗜好性が高ければ偏食になる可能性は低くなります。

 

ただし、嗜好性の高いドライフードは添加物が含まれていてワンちゃんの健康を害してしまうことも考えられるのですね。

ですので、ただ嗜好性が高いフードを与えるのではなく高品質で栄養も確保できるフードを選ぶ必要がありますよ。

 

ドライフードを選ぶときの基準としてはいくつか挙げられますが、これだけは気にしたほうがいいというものを挙げるとするなら「無添加であること」「グレインフリー」であることの2点でしょう。

 

添加物が含まれていると涙やけや抜け毛などアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性がありますし、穀物を使用しているとワンちゃんは消化することができないので、胃腸に負担をかけてしまいます。

ドッグフードを選ぶときは「無添加」「グレインフリー」の2つは意識しておくと愛犬の健康を守ることにつながりますよ。

偏食におすすめなドッグフード

偏食気味なワンちゃんにおすすめのドッグフードを最後に紹介しておきますね。

そのフードはカナガンドッグフードというものなのですが、以前このブログでも紹介しています。

 

カナガンドッグフードは約51%のチキンを含んだ無添加のドライフードで愛犬の偏食に悩んでいる飼い主さんからの評価が抜群に高いです。

食いつきがよく、粒が小粒なので偏食になりやすいトイプードルやチワワなどの小型犬でも食べられると人気を獲得していますよ。

 

小型犬に限らず全犬種・全ライフステージのワンちゃんが食べられるようにバランスの取れたフードとなっているので、偏食に悩んでいる飼い主さんは一度試してみることを検討してみてください。

 

カナガンのポイントに関しては以前の記事を参考にして頂ければと思います。

ぜひ、愛犬の偏食を解決してくださいね。

 

【関連リンク】
カナガンドッグフードで愛犬の偏食の悩みを解決しよう!

 

-ドッグフード
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブッチドッグフードの口コミ評判&おすすめポイントや量など気になる点はココでチェック!

ブッチは理想的な栄養バランスを持つプレミアムドッグフード。 ニュージーランドで製造されているブッチは国内でチルドペットフードの最大シェアを誇っている大人気メーカーとなっていますよ。 そんなブッチドッグ …

シニア犬用ドッグフード『ピッコロ』で愛犬の長生きをサポート!

人間と同じように犬も歳をとりますが、犬は7歳を超えたら一般的にはシニア犬と呼ばれます。 かわいい子犬だった愛犬もいつの間にかおじいちゃん、おばあちゃんになっていて食事を取るのも気を遣うようになっている …

モグワンとカナガンの原材料の違いを比較!おすすめはどっちだ!?

高品質のドッグフードを探していると目にするモグワンとカナガン。 どちらも同じメーカーから販売されているのですが、どのような違いがあるのか比較してみましょう。 最終的にどちらがおすすめなのかを提案します …

犬の涙やけの原因をドッグフードで改善!

愛犬の目の周りが涙で溢れていて、目頭から鼻にかけてこびりついて苦しそうな表情をしている。 これはいわゆる涙やけの症状ですが、原因はどこにあるのでしょうか。 また、涙やけを改善するための方法の一つとして …

鹿肉ドッグフードの口コミ評判はどう?ランキング上位で検証してみよう!

ドッグフードではチキンの人気が高く、他の肉や魚を使っているものは少ないです。 ですが、最近人気が高まっているメイン食材として鹿肉を使っているものに注目が集まっていますよ。 鹿肉をメインにしたドッグフー …