愛犬の毛並みが悪くなってきたなと感じたときドッグフードで毛並みを整えることができます。

ブラッシングのように物理的な方法ではないのですが、なぜドッグフードで毛並みを良くすることができるのでしょうか。

その理由について知ってみましょう。

ドッグフードで毛並みが良くなるのはなぜ?

ドッグフードで毛並みが良くなるということを言いますが、なぜかというのは意外と知らなかったりします。

毛並みを良くするためにはブラッシングが一般的ですが、ドッグフードも重要な役割を果たしているのですよ。

 

その理由はタンパク質が毛を構成するために欠かせない成分だからです。

 

タンパク質は毛だけでなく筋肉や血液、骨格や皮膚なども構成する成分で、人間にとっても大切な成分ですが、犬は全身を毛に覆われているので、毛並みに与える影響は大きいと考えられます。

毎日の食事で十分なタンパク質を摂取できていないと毛並みが悪くなり、ツヤのない毛になってしまうのですね。

 

ひどい場合には抜け毛などの状態にもなってしまうので、良質なタンパク質をドッグフードで摂取することは大切です。

 

反対に、良質なタンパク質をきちんと摂取できれば自然と毛並みは良くなるということですね。

タンパク質は食事から摂取するものですので、愛犬の主食となるドッグフードはこだわったほうがいいでしょう。

毛並みが重要な理由

良質なタンパク質をドッグフードから摂取することで毛並みが自然と良くなるということですが、そこまでして毛並みが良いことに何か意味があるのでしょうか。

毛並みが良いに越したことはないですが、ドッグショーなど人に審査されるような環境でなければそこまで気にする必要はないと感じますよね。

 

ですが、ドッグショーに出場する予定がないワンちゃんでも毛並みは重要ですよ。

 

犬は全身が毛に覆われていて人間とは違うところになりますが、犬にとっての毛並みは健康状態を把握するポイントの一つになっているのです。

毛はタンパク質で作られているので毛並みが悪いということはワンちゃんの体調が良くないという信号とも考えられるので栄養が足りてない可能性があります。

 

また、毛並みが良いと寄生虫などからも身を守ってくれますし、暑さや寒さなどの外的環境から身を守ってくれるのでアレルギー症状に悩まされることも少なくなりますよ。

健康被害が少ないということは病院に行くことも少なくなるので診察代などの費用がかからなくなるということになります。

 

病院に行く費用を考えるなら高品質なドッグフードを定期的に購入して与えたほうが節約になるのでドッグフードはしっかりと考えた方がいいでしょう。

毛並みを良くするドッグフード

毛並みを良くするドッグフードについてですが、これまでの説明からもわかる通り、高タンパク質であることがもっとも重要なポイントになりますね。

高タンパク質のフードはいくつかありますが、その中でも一つおすすめしたい商品があります。

それはアランズナチュラルドッグフードです。

 

アランズは高タンパク質であることはもちろんなのですが、生のラム肉を55%以上配合しており特に高タンパク質のフードになっていますよ。

中でもラム肉を使ったフードは他になく、食べごたえもいいのでなかなかご飯を食べてくれないワンちゃんにもおすすめできます。

 

アランズに関しては以前書いたまとめをご覧になって頂ければと思いますので、興味を持っている方はご確認してくださいね。

 

【関連記事】
アランズナチュラルドッグフードはアレルギー症状に悩む方に人気!