ドッグフードの主原料となっている肉ですが、よく使用されているのはチキンです。

けれども、最近人気が高まっている肉の中にはラムが注目されていますね。

そこで、チキンとラムの特徴はどんなものがあるのか、どっちのドッグフードがおすすめなのか
を考えてみましょう。

チキンとラムのドッグフードの特徴

チキンとラムを主原料としているドッグフードですが、それぞれにはどんな特徴があるのかを知ってみましょう。

チキンの特徴

チキンが主原料となっているドッグフードの特徴ですが、良質な動物性タンパク質を豊富に含んでいるところに特徴があります。

さらに、チキンは消化しやすいというメリットがあるので、人間のように上手に消化できないワンちゃんでも栄養を十分に摂取できると考えられているのですよ。

 

チキンはドッグフードの中でも一番メジャーな肉となっているので、はじめてドッグフードを決めるときに選びやすく、そのまま継続して使っているという飼い主さんも多いですね。

 

ラムの特徴

ラム肉ですが、こちらも良質な動物性タンパク質を豊富に含んでいるところに特徴があります。

また、高タンパク質でありながら低カロリーとなっているので、太り気味なワンちゃんには人気が高いですよ。

 

ラム肉にはL-カルニチンという成分が含まれているのですが、この成分には脂肪を燃焼する効果も期待されているので、人気が高まっているのですね。

さらに、アレルギーを発症することも少ない方なので抜け毛対策などに与えている方も多いです。

 

チキンにもラムにもどちらにも特徴があります。

主原料と合わせて他の原材料の成分もよくを確認してフードを選べるようにするといいですね。

 

それぞれのデメリットは?

チキンとラムはどちらも高タンパク質でいい面がある一方で、デメリットもあります。

チキンのデメリットはアレルギー反応を起こしやすいとされている点。

 

栄養に関しては優れていますし、価格も低コストになるのですが、アレルギー反応を引き起こしてしまう可能性もあるので、ドッグフードを切り替えたタイミングなどではよく注意しておくことが必要です。

 

アレルギーが出ると涙やけや抜け毛などが起きたりしますので、特にフードを切り替えるときにはよく観察してください。

また、チキンを主原料としたドッグフードは種類が豊富なので、どんなチキンを使っているかをよく確認しておく必要がありますよ。

 

例えばチキンはチキンでもチキンミールという簡単に言うと質の悪い肉を使っていることもありますので、原材料に関してドッグフードの公式サイトなどでしっかりと確認しておきましょう。

 

一方のラムのデメリットですが、数が少ないという点が挙げられます。

チキンと比べると圧倒的にラムを主原料としたドッグフードは少ないので、探すのが大変です。

 

さらに、稀少性が高いということはそれだけ価格も高くなってしまうので、予算の問題も出てきてしまうでしょう。

 

どんなものでもメリットとデメリットはありますから、どこを重視して、どこを妥協するかをしっかりと考えることが必要ですね。

 

それぞれの代表的なドッグフード

チキンもラムもいい面、悪い面がありますので最終的には好みになると思います。

それぞれのいい面を維持しつつ、悪い面を改善できているフードを見つけることが最終的に納得したフード選びに繋がるでしょう。

 

チキンとラムのそれぞれでおすすめのフードを最後に紹介しますので、参考にしてみてください。

チキンが主原料のおすすめドッグフード

チキンが主原料のドッグフードならモグワンがおすすめです。

カナガンという人気ドッグフードがあったのですが、そこと同じ販売元が2年の歳月を費やしてよりいいものにしたフードとなっているので、これからのドッグフードとしてはかなり注目ですね。

 

最高級ドッグフードの一つと言えるでしょう。

モグワンドッグフードは食いつき抜群!プロが2年かけて作った最高品質フード!

 

ラムが主原料のおすすめドッグフード

ラムが主原料のドッグフードならアランズドッグフードがおすすめです。

 

アランズはナチュラルフーディングという祖先の犬が食べていたものを反映させた食事をすることを理念にしていて、アレルギー対策フードとして人気を獲得しています。

定期購入でお得に手に入れることができるので、価格のデメリットも解消できますよ。

 

アランズナチュラルドッグフードはアレルギー症状に悩む方に人気!

 

たくさんのドッグフードの中からベストなものを見つけるのはなかなか大変ですので、参考にしてみてください。