愛犬がご飯を食べている姿、外で走り回っている姿など可愛い場面はいくつもあるけれど、どうしても好きになれないのが口臭。

愛犬の口臭が気になって前みたいにコミュニケーションが取れなくなってしまったという飼い主の方は意外と多いですよね。

そこで、愛犬の口臭を改善するおすすめの水に混ぜる口臭ケア方法を紹介したいと思います。



犬の口臭がきつい主な2つの原因

愛犬の口臭が気になってきたと感じる時期があります。

「対策をするまでではないかな?」と思っていても気が付いたら我慢できないくらい臭いがきつくなってしまうこともあるのですね。

 

愛犬の口臭の原因は大きく2つに分けられるのですが、一つは腸内環境が乱れている場合。

腸内環境が乱れているとすっぱい臭いだったり、アンモニアや便の臭いがするようになります。

 

もう一つの原因が口腔内に問題がある場合。

口腔内が乾燥していたり、歯周病などの疾患があるとゴミのような生臭かったり、魚臭かったりするニオイがしてきます。

 

臭いの感じ方は人によって違ってくるので、どんなニオイがしているのか判断がつかないこともあると思いますが、このブログで紹介しているような高品質なドッグフードを与えていたり、しっかりと運動もできているのに口臭が気になる場合は口の中に原因があるかもしれません。

原因が口の中にあるとするなら歯磨きをすることが一番のケアになるのですが、愛犬の歯磨きには問題がある場合も考えられますよね。

 

愛犬が歯磨きを嫌がる…

愛犬の口臭の原因が口腔内にあると考えられるのなら、歯磨きをしっかりすることで対策をすることができますが、犬の多くが歯磨きを嫌がります。

特に去勢したワンちゃんや口の中にご飯以外のものを入れられるのが嫌なワンちゃんは歯磨きをしたくてもなかなかできないということがありますので大変ですよね。

 

ただ、ケアをしなければ歯垢は溜まっていく一方ですし、そうすると口臭も日に日に悪化していくことになりますので、早急に対策をしておきたいところ。

直接歯磨きすることを嫌がってなかなかできないという場合でも、今はいろんな方法で対策をすることができるので、その方法を試してみるのもいいかもしれません。

 

もし、愛犬が歯磨きを嫌がるのなら一つおすすめの方法があります。

その方法は水に混ぜるタイプの歯磨き方法です。

 

水に混ぜるリキッドタイプのお口ケアなら歯磨きが嫌いでも口腔内のケアができるかもしれませんよ。



水に混ぜるリキッドタイプの口臭ケアをしよう!

普段飲んでいるお水に混ぜて飲ませるだけでお手軽に歯磨き習慣をすることができるアイテムが今はあります。

一般的にマウスクリーナーと呼ばれている商品になるのですが、このマウスクリーナーを使えば水を飲むことで口腔内ケアをすることができるので、直接的な歯磨きが嫌いなワンちゃんでも口臭ケアをすることができるのですね。

 

現在のところ、そこまで種類が多くないのですが、しっかりと評価されている商品もありますので、そういった商品を試してみるといいかもしれません。

犬用マウスクリーナーでおすすめできるものが2つありますので紹介しておきます。

 

PK USAマウスクリーナー バニラミント

天然成分100%で野菜の抽出駅と天然由来の亜鉛とビタミンB、野菜抽出のグリセリンでできた安全性の高いマウスクリーナー。

嫌がりにくいバニラの香りがしているので、愛犬も水を飲みながら口臭ケアをすることができますよ。

 

ちなみに、リキッドタイプだけでなく、ジェルタイプやスプレータイプもあるので、一番嫌がらないタイプを選んでみるといいかもしれませんね。

 

KPS マウスクリーナー

レッドビート(赤カブの一種)が主原料の安心安全なマウスクリーナー。

口コミでの評判が抜群に高く、多くの方に支持されているマウスクリーナーとなっています。

 

リキッドタイプのマウスクリーナーであれば、この2つのどちらかを選べばいいと思います。

もし、この2つでも嫌がるようでしたら別の対策方法をおすすめしますよ。

 

今回紹介したこの2つは犬・猫の総合情報サイト「PEPPY(ペピイ)」で購入できますので、利用してみてください。

歯磨き嫌いなワンちゃんにはリキッドタイプで歯磨きをして、口臭ケアしましょう。

 

>>犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』はコチラ