犬 消化器系の病気

愛犬には健康的に過ごしてほしいと願いますが、人間と同じようにいろんな病気を引き起こすことがあります。

見た目にすぐわかるケガであればいいですが、体調不良などはどこに原因があるかわからない部分がありますよね。

そこで、今回は犬の消化器系の病気について症状などを知っておきましょう。

犬の消化器系の病気ってどんなの?

犬の体調不良で多いのが消化器系のトラブルや病気。

消化器と言ってもいろんな臓器がありますので、臓器別でよく現れる症状について簡単にまとめたので参考にしてください。

 

「胃」や「すい臓」のトラブル

胃やすい臓のトラブルで現れる主な症状としては嘔吐や吐血、食欲不振や消化不良、脂肪便などが挙げられます。

胃やすい臓のトラブルが起きると食事に関することで問題が起きている場合があります。

 

食欲不振や消化不良は季節や環境の変化などでたまに起きることなので、あまり神経質になることはありませんが、異常にゲップが多かったり吐血などをするようであれば病気が潜んでいる可能性は高いでしょう。

 

潜んでいる病気としては胃炎、十二指腸潰瘍、胃捻転、膵炎などが挙げられます。

 

「小腸」のトラブル

小腸のトラブルで現れる主な症状としては下痢、軟便、嘔吐、黒色タール血液便などが挙げられます。

小腸は主に栄養分の消化吸収、輸送をするのでココで起きたトラブルは便に異常が起きやすいとされていますよ。

 

下痢や嘔吐が続いているようであれば注意は必要でしょう。

潜んでいる病気としては胃腸炎、炎症性腸疾患、タンパク喪失性腸症などが挙げられます。

 

「大腸の」トラブル

大腸のトラブルで現れる主な症状としては粘液便、異常なおなら・お腹の音、血便などが挙げられます。

大腸は糞便を固くするなどの役割があり、便に関する症状が出やすいです。

 

潜んでいる病気としては大腸炎、過敏性腸症候群、鼓腹症などが挙げられます。

 

一つ消化器系のトラブルと言っても、原因がどこにあるのかは違ってくるのですね。

 

ただ、臓器の場所によって症状に若干の違いが出てきますので、普段から食欲だったり、便の状態だったりを観察して記録しておくことが大事になりますよ。

簡単でいいので健康チェックを記録しておくことで変化に気付きやすいですから、体調の変化にすぐ対応することができるでしょう。



病気は症状が出てからではなく予防が大事!

良く言われることですが、病気になってから何かをするのではなく、予防することが健康を守る上では大事になります。

症状が出てからだと飼い主ができることは限られてしまいます。

 

まずは獣医さんに診てもらって、その上で決められたことをすることしかできません。

何より、ワンちゃんに辛い思いをさせた上に、放っておいてしまったという罪悪感のような気持ちを持ってしまいます。

 

そうすると、ワンちゃんも飼い主も辛い思いをしてこれから過ごしていかなければなりませんから、やはり予防することが一番大事なのですね。

 

予防する上で意識しなければならないのは高品質で、栄養価の高いドッグフードを選ぶことです。

食事と運動というのは犬の健康にとっては欠かせないものですので、食事関することは多少費用がかかっても良いものを選ぶようにしましょう。

 

このブログでは高品質で栄養価の高いドッグフードに関していくつか紹介していますので、参考にしてみてください。

 

一つだけおすすめを挙げておくならモグワンドッグフードはおすすめですね。

モグワンに関しては別記事にまとめてありますので、一度記事をご覧ください。

 

【関連記事】
モグワンドッグフードは食いつき抜群!プロが2年かけて作った最高品質フード!

 

消化器系トラブルに対応してくれるドッグフード

高品質なドッグフードを与えることは愛犬の健康を維持する上で大事になりますが、すでに症状が出始めてきているとなかなか食べてくれなかったり、食べても症状が回復しにくいということは考えられます。

もし、少しでも消化器系に負担がかかっているなと感じているのなら、ただ品質の高いフードを与えるのではなくて、特別療法食を与える方が適しているでしょう。

 

犬の胃腸トラブルに対応した特別療法食としては「犬心 消化器ケア」がおすすめです。

 

高栄養で高消化性の栄養調整ができ、犬に合った食物繊維を摂取することができるので、腸内環境を健やかにしていくことができます。

もちろん、肉副産物や食品添加物、防腐剤などトラブルの原因となる成分は使用されていませんので安心して与えることができますよ。

 

食いつきチェック用サンプルも利用できるので、事前に愛犬が食べてくれるかどうかを確認することもできます。

 

詳しくは「犬心 消化器ケア」公式サイトより確認できますから、一度確認してみるといいかもしれません。

飼い主ができるうちにしっかりと対策して挙げてくださいね。

 

>>「犬心 消化器ケア」の公式サイトはコチラ