愛犬にはいつまでも健康でいてほしいというのは飼い主の誰もが願うことですが、癌や腫瘍ができてしまうことは避けられない症状の一つでもあります。

もし愛犬に癌や腫瘍ができたとき、栄養の基本となる食事は価値があるものになりますよ。

そこで、どんな食事をとるようにしたらいいのか臨床栄養学からみる対策方法を確認してみましょう。

愛犬の癌や腫瘍時における食事のポイントとは?

愛犬の癌や腫瘍時に食事を摂るときにどんな栄養を意識した方がいいのか。

臨床栄養学からみると4つのポイントに注目してみるといいと考えられていますよ。

 

その4つとは、「高たんぱく質」「糖質制限」「高脂質」「高オメガ3脂肪酸」

 

高たんぱく質は腫瘍時に限らず健康な状態でも積極的に与えたい栄養ポイントになります。

たんぱく質は活動していく上で欠かせない栄養となりますから、食事をするときには意識しておきたいですね。

 

糖質制限が必要なのはしっかりとたんぱく質を摂取できていれば、活動する
上でのエネルギー源は十分確保することができているのでそれほど必要ないとされています。

反対に余計な糖質を摂取してしまうと太りやすくなり、ダイエットが必要になってきてしまうので、健康維持も大変になりますよ。

なので、糖質はなるべく制限しておきたいところです。

 

高脂質の方がいいというのは少し意外かもしれませんが、脂肪というのは癌が利用できないエネルギー源。

動物性脂質をしっかりと摂取することで健康維持につながるとされていますよ。

 

高オメガ3脂肪酸はあまり聞きなれない栄養素かもしれませんが、これは体内では作り出せない必須脂肪酸となっています。

 

細かい点を挙げれば他にも必要な栄養素はありますが、今回挙げた4つの栄養素を意識すると、犬の癌や腫瘍に対する推薦栄養基準を満たすことが目指せますよ。

 

参考元:犬の癌(ガン・がん)・腫瘍対策の特別療法食(食事療法)-自然の森製薬

愛犬が癌の時に避けた方がいい食事

ドッグフードは基本的に栄養バランスを考えて作られていますが、癌の時には避けた方がいいNGポイントというものがあります。

3つほど挙げられていますので確認しておきましょう。

①…主原料が白米、小麦(グルテン)、トウモロコシ。
②…植物性油を使用
③…保存料、酸化防止剤の使用

穀物(炭水化物)よりもたんぱく質が重要ですし、植物性油はデメリットが多いです。

防腐剤は使用しない無添加なものがドッグフードは基本になりますので、原材料の表示をしっかりと確認するようにしましょう。

 

ドッグフードは継続して与えていくものですので、一時的に与えるものであればさほど気にならないですが、長い目で見ると気をつけたいところ。

特に愛犬が癌になっているのならかなり気にしたいですね。

 

犬は消化が苦手な動物ですから、なるべく負担を与えずに栄養を摂取できるようにしてあげましょう。



犬の死因の半分以上が癌で亡くなっている

生きていれば必ず死んでしまう。

これは生き物すべてに共通することですので、受け入れなければならない事実ですが、犬の死因の半分以上は癌(腫瘍)で亡くなっていると言われています。

 

ですので、癌になる前も後も自然治癒力を育むことが大切です。

 

それを理解した上で重要になっていくのが最新の栄養学を取り入れたドッグフードを与えるように自分の基準を変えていくこと。

従来の腫瘍のケアは糖質や炭水化物は関係ない、肉やカロリーは制限した方がいいなどと言われていましたが、最新の栄養学では糖質制限は有効で高たんぱくなものを摂取した方がいいということが言われています。

 

時代によって対策方法というのは変わるものですし、昔より技術やできることが増えるということはより良い対策が取れるように進化しているということが言えます。

 

ですので、専門家が研究して導き出した結果を基にしたドッグフードを与えるように考え方を変えていくと愛犬が元気に長生きしてくれるような対策が取れるでしょう。

 

癌や腫瘍になった犬におすすめドッグフードもありますから、そういったものを与えて少しでも元気に長生きしてもらう環境を与えてみてください。

>>癌・腫瘍対応の薬膳食事療法 みらいのドッグフードの詳細はコチラ