ドッグフード 7歳以上

ずっと与えてきたドッグフードをこれからも与えることができればそれは理想的ですが、ワンちゃんも歳を取れば身体の衰えは出てきますから、フードを切り替えることも必要です。

ドッグフードの切り替えは7歳以上になったら必要になってくるので、一度見直してみることをおすすめしますよ。

愛犬と少しでも長く過ごしたい方はぜひ検討してみてください。

なぜドッグフードは7歳以上で見直す必要があるのか?

子供の頃から慣れ親しんだ食べ物を切り替えるのはできることならあまりしたくありませんし、切り替えたことでフードを食べてくれないというリスクも生じるので避けたいところではあるのですが、7歳以上になったらフードの見直しをして新しいドッグフードに切り替えることをおすすめします。

 

どうして7歳以上になったらフードの見直しをした方がいいのかというと、7歳がシニア犬の始まりの年齢とされているから。

犬は人間よりも早く歳を取りますが、成長の早い大型犬だと7歳から、チワワなどの小型犬や超小型犬も9歳くらいからはシニア犬の仲間入りをするので、健康に関してはより考えてあげる必要が出てくるのですね。

 

人間に置き換えても同じようなことが言えると思います。

歳を取ってきたら食事の好みも変わってきますし、必要な栄養も若いころとは違ってきますよね。

 

普段の食事に関して見直す時期になると思いますが、シニア期になると食べ物の見直しは必要性が出てきます。

なので、犬の場合でも7歳以上のシニア期に入ったらドッグフードの見直しをすることをおすすめしますよ。

 

長期的に見れば、このタイミングで切り替えるのが適当でしょう。

シニア犬にはどんな栄養のフードがおすすめなの?

シニア犬になると子犬や成長期のときに与えていたフードの栄養とは違う考え方が必要になります。

栄養に関してはたんぱく質が必要というのは子犬でもシニア犬でも変わらないのですが、シニア犬になると運動量が減るので必要以上にカロリーが高いものは与えない方が無難ですね。

 

また、グレイン(穀物)も犬は上手に消化できないので、グレインフリードッグフードを選んだほうがいいでしょう。

体調管理が難しくなるので、細かい配慮をしてあげることが大事ではありますが、最低限のポイントを押さえておけば、あとは好みや良さそうと思ったものを選ぶのがいいと思いますよ。

 

シニア犬に与えるドッグフードはカロリーと脂質は控えめ、タンパク質は豊富で高品質、グレインや添加物は避けるというのが基本になります。

 

その他の栄養、例えばグルコサミンやコンドロイチンなど関節をケアするものなどがあると良いですが、サプリメントで補うこともできるので、まずは基本を押さえているドッグフードを選ぶことをおすすめしますよ。

7歳以上になったら与えたいドッグフード!

シニア犬用のドッグフードは最近種類も増えてきて選び放題と言えるくらいの品ぞろえとなってきています。

ただ、種類が増えてしまってどれを選んだらいいのか悩んでしまうという状況にもなってきていますね。

 

そこで、1つシニア犬になったら一度は与えてみてほしいドッグフードがあります。

それが「ピッコロ」というドッグフードなのですが、シニア犬に必要な栄養素がしっかりと入っていて、カロリーや脂質が控えめとなっているので条件に適したフードとなっていますよ。

 

ドッグフードには相性がありますから、どんなワンちゃんにも適しているとは限りませんが、フードの切り替えをするのなら一度は試してみてほしいドッグフードではあります。

「ピッコロ」に関しては別記事に詳しくまとめてありますので、そちらを参考にしてみてください。

 

【関連記事】
シニア犬用ドッグフード『ピッコロ』で愛犬の長生きをサポート!

 

シニア期になったらドッグフードを切り替えて愛犬に長生きさせてあげましょう。