公園やドッグランなど他のワンちゃんとその飼い主さんと交流する機会もあると思います。

周りのワンちゃんとの交流は楽しいですし、なついて欲しいという気持ちもあるかと思いますが、だからと言ってご飯をおすそ分けして交流するのには注意が必要ですよ。

なぜ周りのワンちゃんにご飯を与えるのが良くないのかなどしっかりと理解しておきましょう。

犬のご飯のおすそ分けに注意!

自分が飼っているワンちゃん以外にご飯をおすそ分けするのは好ましくないのですが、その理由としてはワンちゃんの体調やしつけに悪影響を及ぼしてしまうかもしれないからです。

もしかしたら治療中かもしれませんし、たとえ元気に走り回っているワンちゃんでも食べ物にアレルギーがあるかもしれません。

 

ワンちゃん自体の健康を考えてご飯をおすそ分けしない方がいいですし、飼い主さんも心配することがあります。

ドッグフードにこだわっていたり、おやつを与えないようにしている飼い主さんだとしたら、他人が与える食べ物は衛生的に大丈夫なのか不安に感じるでしょうし、しつけとして散歩がちゃんとできてからご褒美を与えるという習慣のある飼い主さんもいますから、なついて欲しいがためにご飯をおすそ分けするのはやめておきましょう。

 

犬は家族の一員と言われたりしますが、もし自分の子供に他人が勝手に食べ物渡してきたらやっぱり不安に感じると思います。

人間と動物は違う生き物だとしても、相手のことを考える気持ちは共通しておくべきでしょう。

与える側も受け取る側も責任を!

勝手に食べ物を与えるのは良くないというのはわかっているという人は多いですが、交流のきっかけとして食べ物を与えるのはてっとり早く仲良くなるチャンスでもあるので、与えたい気持ちはわからなくもないです。

 

『何度かあって顔見知りになったから大丈夫だろう!』と思う人もいますが、自分はそう思っていても相手側はそうは思っていないこともありますから、自分の判断だけで結論を出すのはやめましょう。

 

もし、何かおやつなどの食べ物を与える場合は初対面でも顔見知りでも「ご飯を与えても大丈夫ですか?」と飼い主さんに確認しましょう。

 

そして、なるべくならその場であげるのではなく、小袋に入れて持ち帰ってから食べられるような状態にしてあげるといいですよ。
その時に原材料に何を使っているのかを記しておくとなお良いですね。

 

そうすれば、飼い主さんの判断で与えることができますし、その場で断りにくい雰囲気も回避することができます。

 

 

また、与えられる側は断りにくかったりします。
相手の親切心や好意で与えてくれる気持ちは理解できますからね。

 

けれども、ときには断る勇気も必要です。
愛犬を守るためには必要な判断になりますからね。

ただ、断り方には注意しましょう。

 

「やめてください」など強い言い方や心無い表現になってしまうと相手との関係が悪くなってしまうこともあります。

おすすめの断り方ではないですけど、断る前に「ありがとうございます」をつけると柔らかく断ることができますよ。

 

「ありがとうございます。でも、いま食事制限してるんですよー」

 

などのように、先に「ありがとうございます」と言うと好意に対する嬉しさが伝わります。

また、「食事制限をしてる」のようにワンちゃんの健康に問題があるようにすると相手も「それじゃ仕方がないですね」となってくれる…はずです。

 

 

自分にとっては当たり前、マナーとしても当たり前と思っていても、まだ飼い始めてルールやマナーを知らないという場合もありますし、悪気があって行った行動ではないかもしれませんから、一つの行為でいろいろと判断するのは可哀想かなと思いますよ。

 

ワンちゃんを飼い始めた人はベテランの人に教えてもらう、ベテランの人は優しくルールやマナーを教えてあげるような雰囲気をつくってあげるといいですね。